記事が良かったらシェアお願いします!

参加型2016 全日本フットサル選手権 監督としての思考と行動 

記事が良かったらシェアお願いします!

いつもお世話になってます。監督の高垣です。

先日、兵庫大阪静岡で行われました全日本選手権予選に中国地区代表として参加してまいりました。

予選グループには
Fリーグからバルドラール浦安・ヴォスクオーレ仙台
地域からは名古屋オーシャンズサテライト・私広島FDO

この4チームで予選が行われました。

結果から言いますと。

1分2敗 勝ち点1。

さて、今回のブログではお読みになってくださってます皆さまが参加型で読んでいただけるよう、

少しターニングポイントと結果論を踏まえながら説明していきたいと思います。監督になったつもりでお読みください。

まず、第1試合 VSバルドラール浦安(以下 浦安)

前半からポゼッション(支配率)は完全に浦安。

前半18本のシュートを撃ち込まれ3失点。0-3で前半を終了。

さて、後半の戦い方はどうしますか?

現状維持ですか?
前プレいきますか?
パワープレーに入りますか?

高垣の回答

次の1点が勝負の分け目、残り10分までこのままゲームが動かなければパワープレー。
それまでは現状維持のベタ引きカウンター狙いで、まず1得点を狙う。
前プレも回避されサイドを使われるイメージしかないので前プレはやめておこう。

現実の回答

前半立ち上がり1分。まさかの失点。
予定より早くパワープレーに入るが、尽く返され失点。失点。支店。

結果 0-7

あなたなら後半の戦い方どうしてましたか?

第2試合目  ヴォスクオーレ仙台(以下 ヴォスク)

前半0-0でシュート本数も13本と11本で互角。
決定機もありいい流れで前半終了。

後半もお互い譲らず0-0でゲームは流れ、後半8分待望の先制点。

1-0でヴォスクはパワープレーにはいる。後半16分 残り4分で失点。

相手はまだパワープレーを続ける。スコア1対1。

残り1分40秒 FDO 選手退場。

ここはもう必死で守るしかない。一人少ない状況で得点できる可能性は限りなく少ない。

残り35秒。シュートレンジ内からのマイボールのキックイン。

ここで高垣タイムアウトをとる。

さて、ここであなたなら どのような指示をする?

リスクをおかし選手人数をかけシュートを打ちにいき点を取りに行く?
カウンターで失点 大いにある。

安全にキープで引き分けを狙う?
時間を考えるとキープで引き分けは安泰。

高垣の回答

1試合目敗戦してるため、ここで勝ち点3を取らないと明日に希望はない。
リスクをおかしシュートにいけ。落としてドッカンシュート!!(ちょんどん)
ここでカウンターくらって失点でも、キープして引き分けでも、
同じこと。失点上等。攻めろ。

現実の回答

シュートを打ちにいくと思われた選手が、相手ゴール前に行く。
まさか。選手がキープを選んだ!?
そのとき、相手ゴール前の選手へ浮いたパス。
ヘディング!NO GOAL。そのヘディングに効果音をつけるなら。【ぴろっ】。

結果 1-1

残り時間をFリーグ相手にFP3人で守った事は大いに評価できるが、

引き分けでいい試合ではなかった。勝たせてあげれなかった。

3試合目 VS 名古屋オーシャンズサテライト(以下 サテ)

疲労からか・・・気持ちの問題か・・・
前半5失点。5分 11分 13分 13分 19分
ここまで何もできないのは久しぶりだった。
広島FDOはしっかり引いて守ってカウンターのチームで、全国でもこのやり方で戦ってきた。
しかし、引いていながら5失点はかなり痛い。

後半戦い方を変更。前プレにしとにかく気持ちで負けないようにとガンガンプレスをかけた。
その結果、後半5分 11分と得点し、5-2。このままいけばゲームをひっくり返せると少し希望も見えた。
パワープレーもはいり、幾度となくチャンスはあったが決定機を沈めれず。結果3-6。

1試合目、2試合目でターニングポイントの話をしましたが、
今回のターニングポイントはどこにあったと思いますか?
前半の入り方?前プレのタイミング?パワープレー?

今回のターニングポイントは・・・、

朝の占いで、今日のラッキーカラーは白ってTVで見てそれを知っておきながら、ブルーのシャツを着て監督した事だと心から思う。

この3試合のターニングポイントを振り返ったうえで 来シーズンの準備をしっかりしていきたい。

スポンサーリンク

記事が良かったらシェアお願いします!

参加型2016 全日本フットサル選手権 監督としての思考と行動 
LEGIT/レジットの最新ニュース情報をいいねしてチェック!
スポンサーリンク