記事が良かったらシェアお願いします!

【ゴレイロのスロー】相手の裏へ出ていく味方に繋がりやすいスロー

記事が良かったらシェアお願いします!

こんばんは!なんちゃって育メンゴレイロの荒井です。

本日はタイトルにもありますが、ゴレイロのスローについて書きたいと思います。

フットサルでは、ゴレイロからのスローでよく得点になるシーンがあります。

自分が拘っているのは、相手の背後に速く越えて味方に繋がるようなボールを意識しています。投げ方にも色々とあり、オーバースローで山なりに投げるボールや下から山なりに投げるボールなど様々な状況に応じた投げ方が必要になります。

今日、UPする動画はボールを奪った瞬間に相手の陣地にスペースがあって裏に出ていく味方に投げる時に有効的なボールです。

ポイント

(1)ボールの後ろに手をしっかり入れて、押し出すように投げる
(2)腕だけではなく、身体全体で投げる

この投げ方のメリットは早いボールの為、敵との距離感を取れるのと、ゴレイロが出てきづらい事です。

山なりの方が奪われるリスクは少ないですが、山なりのボールのデメリットはボールが山なりの為、プレスを掛けられてしまう時間が出来てしまい、コントロール後にプレーがしづらいことです。

サッカーでも、浦和レッズの西川選手のパントキックがまさにそうで低い弾道なので、コントロールしやすいのと、相手にプレスをかける時間を減らすことができます。

確かに弾道が低いので少しでも高さが低くなると、インターセプトのリスクがありますが、その分、越えれば絶対的にチャンスがあるこの投げに自分は拘っています。

次回はこのアップ動画に載っている投げ方をより細かく説明したいと思います。

興味がある方は、今度クリニックがあるので、是非ご参加下さい!

では、またBlogアップします!

この記事を書いたプレーヤー

荒井 洋介
荒井 洋介湘南フットサルクラブ No.21
1986年12月25日生まれ
【経歴】SCHFC-寒川高等学校-湘南フットサルクラブ-アマフーザ(ブラジル)-湘南フットサルクラブ-田原FC-湘南フットサルクラブ

【指導歴】湘南サッカースクールロコ / マリオフットサルスクール / KIRINサッカーフィールドアシスタントコーチ / 神奈川県U-12トレセンGKコーチ / 神奈川県フットサル女子選抜GKコーチ

【資格】日本サッカー協会公認指導ライセンスC級コーチ / GK-C級コーチ / フットサルC級コーチ
スポンサーリンク

記事が良かったらシェアお願いします!

【ゴレイロのスロー】相手の裏へ出ていく味方に繋がりやすいスロー
LEGIT/レジットの最新ニュース情報をいいねしてチェック!
スポンサーリンク