中国フットサルリーグ優勝・・・全国に向けて・・・

  • 2016年12月9日
  • 2016年12月9日
  • 試合
  • 78view

みなさん、こんにちは!広島FDOの冨広です!

 

今回の投稿では、今季のこれまでの振り返りと残りのシーズンの目標や考え方などを書いていきたいと思います。

 

安堵・・・

12月4日の中国フットサルリーグ最終節で、岡山県のSOCIOに勝利しリーグ優勝を決めました。

正直な感想としては、嬉しさよりも安堵の方が大きいです。

広島FDOは、Fチャレンジリーグにも所属しFリーグを目指すチームです。

 

Fリーグに上がるために多くの方が支えて下さり、中国地域の中では恵まれた環境でフットサルができていると思います。

 

Fリーグを目指しているチームが中国リーグを優勝できない、なんてことがあってはいけないというプレッシャーがありました。

 

また今シーズンは、Fリーグを経験した選手や長年チームを支えてきた選手が抜け、若い選手が入り、新しいチームとしてスタートしました。

 

若い選手が多く、フットサルの経験値としては去年よりかなり劣る部分があるので、正直チームとしてどれほどの力があるのか未知数な部分がありました。

 

そんな中、中国リーグを優勝で終えるができ、今はとても安堵しています。

今シーズン、これまで戦ってみて・・・

先ほども書いたように、今シーズンは、Fリーグを経験した選手や長年チームを支えてきた選手が抜け、若い選手が入り、新しいチームとしてスタートしました。

 

シーズン前の強豪チームとの練習試合や合宿を通して、ある程度の手ごたえを掴むこともできました。

 

昨年のチームに比べ大きく力が落ちたと感じる事もありませんでした。

 

中国リーグが始まっても1巡目は全勝で終える事ができ、順調なシーズンを過ごせていたと思います。

 

しかし、2巡目の初戦のHNT戦で最悪の内容で負けてしまいました。

 

反省として、1巡目で勝てていたぶんチームとして細かい修正点に目が向けられていなかったと思います。

 

自分を含め「まぁ、勝てるだろう」そんな雰囲気がチーム全体にあったと思います。

 

その部分を締められなかったことに対してすごく後悔しています。

 

敗戦が良い薬になって(本来ならそんな薬いらない・・・)、ここからの5連戦をホーム広島でのFチャレンジリーグを除いて4勝することができました。

 

しかし、どの試合も楽な試合はなく、内容も全く良いものではありませんでした。

 

特に最終節のSOCIO戦においては、ハーフタイムに相手の守備に対しての攻め方を確認できていましたが、チームとしてそれを体現することは出来ませんでした。

 

これが今のチームの実力。

 

シーズンの最初は感じませんでしたが、シーズンが進むにつれて選手一人一人に求められることも増えていきます。

 

ここに来て私自身、去年まで所属していた経験豊かな選手たちの抜けた穴を大きく感じるようになりました。

 

そういった選手たちの細かなサポートやポジショニング、声掛けがあったからこそ、勝てていたんだなと感じています。

今後のシーズンに向けて

 

しかし苦しみながらも、中国リーグ優勝という結果だけは残すことができました。

 

全国大会に向けて、チームはモチベーションに溢れています。

 

経験はありませんが、若い選手が多く、伸びしろは抜群にあると思います。

 

数多く修正点はあると思いますが、まずは守備!

去年は守備が良かったからこそ、地域チャンピオンズリーグで3位になれたと思います。

 

しかし今シーズンは、守備のミスが多く見られます。

まずはそこから修正して、堅い守備をチーム全体で作っていきたいと思います。

 

12月25日には、Fチャレンジリーグ、ヴィンセドール白山戦があります!

年内最後の試合であり、Fチャレンジリーグ最終節です!

まずはこの試合に向けて、しっかりとトレーニングを積んでいきたいと思います!


広島FDO 冨広 洋平

 

 

LEGITの最新情報はコチラから