関東フットサルリーグ1部への挑戦

初めまして。この度リガーレ東京に入団した奥橋伸也です。

 

フットサルを始めたきっかけは、大学入学時にフットサル部の先輩に誘われて始めました。大学生活中には、学生リーグの他、関西リーグのヴェイル大阪(ヴェイル寝屋川)にも所属していました。

 

大学卒業と同時に、就職で東京に来て関東2部リーグのO-PAに所属、今年でフットサルを初めて7年目になります。

 

僕がO-PAに入った年が関東2部リーグの参入の年でした。

年間を通してリーグを戦い、勝ち点同点ながら直接対決の関係で2位となり、入替戦では関東フットサル1部リーグのファイルフォックス府中さんと試合することになりました。

 

結果は負けてしまい、チームとしてもですが、自身の反省点も多く、来年こそは優勝して1部に昇格したいという気持ちがさらに強くなりました。

 

そして関東2部リーグの2年目が始まり、開幕戦でチームは勝利したのですが、僕自身負傷退場しました。
前十字靭帯断裂で手術するしかありませんでしたが、強行で2節目も出場し3節目でもう1度負傷退場となりました。

その後手術する決断をし関東フットサルリーグの出場を諦め、チームは結果3位という結果で2部リーグに残留という形になりました。

 

手術を終えリハビリしてる中、また一からのスタートになると考え、今回移籍を決断しました。
リガーレ東京に入団した理由は監督と話をさせていただき共通点があることやチームが統一されているなどで、フィジカルトレーナーにはリハビリ段階の僕に合ったメニューなども考えていただいています。

 

現在では通常練習にも参加し、リーグ開幕までに万全の状態に持っていきたいと考えています。

 

また関東フットサルリーグ3連覇、地域チャンピオンズリーグ優勝、全日本フットサル選手権ベスト8以上を目標に頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

LEGITの最新情報はコチラから