【フットサル|指導者】トレーニング理論

「みんな違ってみんないい」的な!?

 

さて、こんにちわ。フットサルプランナーの高垣だもの。

 

今回は3回に分けて【トレーニング】についてお話ししていこうと思います。

 

その第1回目が【トレーニング理論】です。

 

尚、毎回言うてますが、指導者にはいろいろな考え方があるので、その一部の考え方だと思って見てもらいたいです。

 

 

私は複数のカテゴリーでフットサル指導をさせてもらってます。小学生から大人、大人の中でも初心者の方・上級者そして女性のトレーニングにも関わっております。

 

すべてのカテゴリーで同じトレーニングではなく、計画や理論を使い分けております。

 

今回は、競技志向で高みを目指すチームの指導について書きます。

 

まず、チーム活動の年間予定を把握し計画を立てます。

 

5月からシーズンが始まり、12月でリーグ戦を終え、選手権がスタート、結果が良ければ全国大会3月までシーズンがあると考え、チーム作りしていきます。

 

年間のスケジュールを決めるにあたり、大きな目的と小さな目標を設定していきます。

 

例えば、大きな目的とは年間を通して目的を達成するための共通理解の意識付けです(トランジション・システムなど)。

 

小さな目標とは、○月○日に○○と試合があるので、対戦相手に向けてのトレーニングです。

 

それらをもっと具体的に言うと、トレーニング計画において従うべき段取りがあります。

 

①目標の設定

 

⓶準備の条件

 

③競技の時期などを取り決める

 

④チームの役割を決める

 

⑤トレーニングのマクロ周期とその局面を取り決める

 

⑥その1つ1つの内容を設定する

 

⑦計画の実行・トレーニングの方向づけ

 

⑧コントロール

 

⑨トレーニングの計画に対する評価

 

⑩計画の軌道修正

 

⑪計画の有効性に関する最終判断

 

となる。

 

 

私は計画を決めると、そこからは≪PDCA≫を用いて

 

 

 

随時計画・実行・改善・行動をしている。

 

 

 

 

【STEP2】「トレーニング概念について」
http://legit-football.com/blog/2017/10/10/post-1687/

【STEP3】「トレーニング方法について」
http://legit-football.com/blog/2017/10/11/post-1692/

 

LEGITの最新情報はコチラから