【フットサル / 戦術分析・解説】オフェンス編(2)<パラレラ>

こんにちは!フットサル戦術アナリストの尾嶋です。

・フットサルの個人戦術、チーム戦術、練習方法
・サッカーに活かせるフットサル戦術
・サッカーをしている方へ、戦術分析や上達の練習方法
・フットサルに活かせるサッカー戦術

私からは上記のようなことや、サッカー全国区の古豪、習志野高校にいた経験から得られたお話などを紹介しています。

オフェンス編(2)<パラレラ>

今回はオフェンス編(2)ということでオフェンス編(1)で紹介した<ジャグナウ>との比較もされる、基本的なプレーの1つ<パラレラ>を解説・説明していきます。

パラレラとは「平行」を意味していて、サイドラインに対して「平行」のパスを出すプレーです。

youtubeから参考動画

スペースに走りこんでシュートまで行ってます。

イメージとしてはワンツーのイメージが近いところもあります。

サッカーではワンツーは外→中→外で成功する事が多いです。サイドのプレーヤーがパスを出したら裏のスペースに走り、リターンパスをもらってセンターリングの様なイメージです。

パラレラはサイドラインに対して平行にボールが動くので、中→外→外とボールが動くこととなります。

パラレラは縦のスペースが空いている時に出します。理想としてはスペースにボールを出してもらい追いかける形です。

定義としてはこれだけとなります。

毎回同じことを言っていますが、フットサルは狭いスペースの競技なので、作ったスペースをうまく使う必要があります。

うまくいかないパターン

パラレラでもうまくいかないパターンを二つ載せてみます。

パラレラを失敗した時、二人で今のはどこに問題があって失敗したかの確認事項になればと思います。

1.パラレラの受け手の動きが早すぎた。

縦のあいたスペースに早く入りすぎるとスペースがなくなってしまい、
パスが出ても相手が近づきすぎて、サイドラインに挟まれてプレーできないと思います。

パラレラに関しては出し手のタイミングに合わせる方がうまくいくかもしれないです。

2.出し手とディフェンスの距離が近くパスをカットされた。

これは縦のスペースが空いていたがディフェンスが読んでパスコースを切って近づいてきた場合があります。

縦のスペースが空いている認識をして、ディフェンスが近づいてきた場合はワンツーした方が突破できるかと思います。

ここの判断が難しいですが、二人であわせる楽しいところです。

でもたまに認識がずれて、受け手がパラの動きを続けてしまう事もあります。
その時は中のスペースが空いているので中にドリブルをした方が良いかと思います。
少し後ろに逃げながらでも良いかなと思います。

まとめ

オフェンス編(1)の<ジャゴナウ>とは逆に、出し手に合わせる必要があるかと思います。

ジャゴナウと似ている様に対で教えられますが、私としてはそれぞれの成立のポイントが少し違うかなと思っています。

パラレラはパスを出したら

1 ワンツーをするイメージを持って動く。
2 パラレラができるか考える。
3-1 縦に出せそうなアクションがあって初めてスペースへ動き出す。
3-2 パスが出せなければ中にドリブルをする。ブロックが出来ればブロックして助ける。

そもそもパラレラができないシチュエーションの可能性というのがあります。
その時は相手がパラレラを警戒する事で他のプレーをするスペースができているはずです。

フットサルは狭く判断スピードが早いので、パラレラの成功も失敗もなかなか見えづらい事が多いです。

少しでもその参考になればと思います。

以上 尾嶋でした!

LEGITの最新情報はコチラから