全日本フットサル選手権を振り返る VS ヴォスクオーレ仙台

  • 2016年3月13日
  • 試合
  • 74view

お世話になります。広島FDO監督の高垣です。

選手権で感じた問題を少しですが振り替えってみます。
メモ書きのような感じですが、お付き合いください。

 

 

◦カウンターの質

引いて守ってカウンター。この試合は良い形で守備からのカウンターに移行できたが、
質の問題が大きかった。
ファーストパスのミス。ラストパスのミス。
この1本のパスが通っていれば・・・。

 

 

 

◦キーマンに対してのプレス?その先か

ここの問題に対してはとてもよく対応できていた。
どのチームにもタイプは異なるがキーマンがいる。
今回はパスを振り分けるタイプだったので、キーマンに対してのプレスではなく、
パスが出た選手に対してアンテナを張っていたため、ファーストディフェンスが
良い形でかけれた。

 

 

 

◦決定力

チャンスはあるが、シュートが入らない。
監督をやられている方はこの問題を1度は抱えたことがあるだろう。

シュートを外した選手に対して、なんで外したかを考える。

私はミスに対して、認知・決断・実行のどの部分でミスが発生し結果に至ったのかを考える。

今回の試合では主に実行の部分でのミスが目立った。

ここはアナリティックTRで改善していかなければならない。

LEGITの最新情報はコチラから