【フットサル / 戦術分析・解説】オフェンス編(7)<コントロールオリエンタード>

こんにちは!ヴェルディフットサルユースコーチの尾嶋です。

・フットサルの個人戦術、チーム戦術、練習方法

・サッカーに活かせるフットサル戦術

・サッカーをしている方へ、戦術分析や上達の練習方法

・フットサルに活かせるサッカー戦術

私からは上記のようなことや、サッカー全国区の古豪、習志野高校にいた経験から得られたお話などを紹介しています。

オフェンス編(7)<コントロールオリエンタード>

今回はコントロールオリエンタードをご説明します。

まず、コントロールオリエンタードって名前を知っている方は少ないかもしれません。

すごくシンプルに言えば「ボールを動かしてコントロールする」です。

ではどういう事をこれから説明させていただくか動画でイメージを持ってもらいたいと思います。

※BGMが多少大きいのでご注意ください

 

動画の通りスペースの認知をしてコントロールの方向を決めることです。

 

今まで書いてきましたジャゴナウやパラレラやブロックなど、戦術を使う場面やプレッシャーを受け、戦術の再現が出来ない時

 

チームメイトや監督がボールを動かせ!といった事を言われることが多いです。

 

ただ細かく伝えられる監督や選手は残念ながらあまりいないです。

 

その理由も合わせて次に説明していきます。

 

あまり体系立てるとプレーの幅を縮める可能性もありますが、基礎的な部分として見てもらえたらと思います。

 

ボールを動かす

コントロールオリエンタードはボールを動かすことで、スペースを使いながらプレーしていくと有意義に状況を変えられるものです。

 

ここがポイントですが、当たり前に出来る人は無意識に出来ていて、人に伝えることが出来ない人がほとんどです。

 

理由は他のプレーや周りの情報を処理しているので考えずに出来る人は考えもしないです。

また監督は全体を見ながら全体の戦術⇨個人の部分へ考えなくてはいけないので、伝えることが出来ない方が多いです。

 

私は自分にセンスがなかったので、考えながらどうしたら出来るかトライして、一歩ずつ処理をして最終的に無意識に落とし込んでいきました。

 

 

ではまず先ほど述べた、プレッシャーを受けている場面でのコントロールの話をします。

なぜボールを動かすかというと、時間と距離、角度、脅威で説明します。

時間を作る

例えばボールを受ける前にフェイクをしてうまく相手との距離が取れた時、基本的にはトラップから1〜2秒はボールを取られない時間を作れます。

 

相手もフェイクに引っかかってだと一度後ろに下がるので、心理的に後手のディフェンスとなり、オフェンスに向かって進みにくいです。

 

とは言えフェイクで作る時間も限りがあるので、フェイクで作った1〜2秒を伸ばすために、ボールを相手から遠ざけることが出来ると、それだけで周りの選手を活かせるだけのリセットの時間を作ることができます。

 

うまくいけば相手のプレスが一旦かからなくなることもできるかもしれないです。

 

例えばフェイクが出来なかったとしても、トラップを足元に止めれば、ディフェンスはそのまままっすぐボールに向かうので最短時間で取られてしまいます。

 

自分の力でディフェンスをかわすだけではなく、自陣方向に逃げるコントロールができれば、プレッシャーを逃しながら周りに時間を作ってあげることができます。

 

これが的確に判断できた選手は周りに安心感を与えられます。

 

距離を作る

これも先ほどの時間を作るとは似ていますが、プレッシャーを受けている場面で足元にボールを止めれば、時間の話と一緒で、相手との距離がなく、足元に止めてしまうとパスやドリブルの選択肢が消えてしまうことがあります。

 

パスをしづらい上に相手が一歩前に来れば足が届く距離にボールを晒してしまうかもしれません。

 

ボールを動かすとディフェンスとの距離感も代わり、足が出しにくくなります。

 

ディフェンスは動いているボールに関して狙いを定めて足を出してボールを出せず、ドリブルのスピードがあればあるほど、狙いが外れたら抜かれるリスクも上がってしまうためです。

 

相手との距離を離そうとすると、コントロールを失うほどのスピードを出してボールを動かさなくても良いです。

 

まずは動かす事で相手が取りに来ても簡単に距離感がなくならない様にすれば、時間が確保できてきます。

 

角度をつける

上記の二つで時間と距離を確保する事ができるかと思います。

ここまではボールを動かせば自然と時間、距離は作る事ができます。

 

最後に大切なのが角度です。

プレッシャーをかかっている時ほど外から中へコントロールを意識してください。

ディフェンスのセオリーとしては中から外に追い出す事が定説ですので、中にドリブルをされるとプレスの方向と逆方向になります。

 

プレッシャーがかかっている中で2メートル以内でトラップをする場合、少し斜め後ろの中にコントロールをするとより相手にはプレスの方向とは離れてしまい、

ボールが取りづらくなります。

 

画像1枚目がゴールに向かって真横にコントロール

画像2枚目が角度をつけてコントロール

極端にしていますが黄色の矢印の長さがかわります。

 

動かす角度によって相手の足が届かない角度というのを、繰り返しで覚えていって欲しいと思います。

コントロールオリエンタードで状況を変える(脅威)

今まではプレッシャーを受けている時のコントロールの話をしましたが、

 

コントロールオリエンタードが本当に大事なのはサイドの場面です。

 

なぜサイドの場面かといえば、これもディフェンスの鉄則を利用できる場面が多いからです。

「ゴールを結んで外に追い出す様にポジションを取る」

ディフェンスは上記を鉄則に状況に応じてミスを誘ってボールをとります。

 

では今度は攻撃スピードを重視したコントロールを紹介します。

下記の様に黄色の5番が前にゴール方向に動きを出して真ん中のスペースが空きます。

 

そのスペースに向かってコントロールをすることでピヴォのポジションの黄色2番にパスを出すことができます。

これが黄色4番がトラップを止めた場合はピヴォにボールを出せる角度が作れていないので作らないといけないです。

それをボールを動かすことでボールを前に収めるパスのコース作りがコントロール時にできます。

 

サイドでボールを受けるとき(脅威2)

最後に本当に基本的なことですが、下の画像の様にサイドの前のスペースが空いている時ですが、フットサルをしていると足元で止めてしまうことが多いです。

 

特に足の裏で止めるフットサル特有の癖がつくと、常に触れる位置にボールを止める=足裏のコントロールにとらわれると、スペースの認知ができているのに運ばずに止めてしまうことが多いです。

この場合はスペースにインサイドでも足裏でも良いので運ぶことをして欲しいです。

ゴールに接近するためのプレーが出来ればそれだけ相手にとっては脅威になります。

 

このプレーは小学生のサッカーでもよく起こりますが、トラップを全て足元で止め、ドリブルで相手を抜くことが多いです。

 

特に最近のドリブルに特化したスクールやクラブが多くなり、これではテクニックがあれどセレクションなどでは判断ミスと取られてしまいます。

 

テクニックがついて自信がつく事はとても大事ですし、相手を抜けることが楽しい時も子供達にはもちろんあります。

そのあとの判断の部分をいかに教えられるかが指導者としては大事です。

 

小学生でもドリブルが上手ければ選手として欲しがられるチームはもう過去のものになっています。

 

スペースもコントロールで使えるし、ドリブルもパスもできるというのが本来のテクニックになるかと思います。

 

まとめ

今回はかなり基本的なボールコントロールを体系立てて話してみました。

 

当たり前に感覚としてできている方もいれば、逆に闇雲にゴールに向かってディフェンスとの距離を失うこともあります。

 

大事なのはゴールに最短でどうプレー出来るかになります。

ドリブルなのかパスなのか対面パス一つでもディフェエンスがどちらから来ているかイメージをするだけで、あらゆる方向へのコントロールをする必要が出るか決まってきます。

 

是非チャレンジしてみてください。

LEGITの最新情報はコチラから