フットサル/ポジション別適正(1)|<ピヴォ>ってどういう選手?

こんにちは!ヴェルディフットサルユースコーチの尾嶋です。

・フットサルの個人戦術、チーム戦術、練習方法

・サッカーに活かせるフットサル戦術

・サッカーをしている方へ、戦術分析や上達の練習方法

・フットサルに活かせるサッカー戦術

私からは上記のようなことや、サッカー全国区の古豪、習志野高校にいた経験から得られたお話などを紹介しています。

ピヴォの役割とは

今回はフットサルの最前線のポジション「ピヴォ」の特性についてまとめてみます。

 

フットサル初心者の方に主に参考になるかと思います。

※フットサル競技者は参考程度にまとめてみてもらえればと思います。

 

サッカーからフットサルを始めた方からすれば、最前線にいるならフォワードと一緒でしょ?って思うかと思います。

 

もちろん一番近いので点が取れるストライカーの様な選手が前線にいると

それだけでもチームのストロングポイントで活かすべきだとは思います。

 

ただ、サッカーとの違いにも述べましたが、フットサルコートはサッカーの9分の1の広さ。

ペナルティエリア内で5対5のスペースのない競技となります。

 

狭い中で前を向いてボールをもらいシュート出来るイメージがなかなかつかないかと思います。

 

サッカーであればサイドからセンターリングをあげる。ミドル、ロングシュートを打つなど

エリアとゴールが広い分サイドや遠目からシュートなど外から打開する事も出来ます。

 

ではフットサルだとゴールも狭いのでクロスやロングシュートも入りづらくなる中、フットサルのピヴォとはどういうポジションか先に動画でイメージしましょう。

 

 

1998年〜2010年くらいにフットサルを始めた方ならご存知かと思います。

 

現在のピヴォの原型を作ったと言っても過言じゃない選手ベットン。

 

知らない方はこの身体の太さ、腿の太さなんて女性のウエストくらいはあります。

背負われたら最後、ただ我慢するかファールで止めるしかないです。

名前からして強いです。

 

当時で言えば日本のピヴォ像の最たるはあのフィジカルでのキープになっていました。

私も憧れが過ぎて同じ髪型にしていた頃があります。

 

動画でもある様にピヴォはゴールに対して反対を向いていることが多いかと思います。

シュートに行くにはディフェンスを背負って反転してシュートするイメージになります。

 

シュート以外はポストプレーで走り込んだ味方がシュートを打つことが多くなります。

 

他にもピヴォは前線にいるので後列の味方がディフェンスのプレッシャーを受けている時など

ボールを前線で収めることで相手のディフェンスを下げさせる役割もあります。

 

まとめると

・得点をとる

・アシストをする

・ボールをキープしてディフェンスを下げさせて味方のデイフェンスのプレッシャーを回避する(させる)

 

以上、まとめると結果的に身体の強さがピヴォには必要になってきます。

 

ディフェンス出身がフットサルだと前線のピヴォに転身?

身体の強さやフィジカルコンタクトを辞さないポジションとして。

 

ディフェンスの選手がピヴォになる事が多くあります。

※私も高校時代はセンターバックです。

 

日本のフットサル選手もセンターバック出身の選手がピヴォになっている方が多数います。

日本で最初にすごいと感じた元Fリーガーのフウガドールすみだの太見選手もサッカーはディフェンスの選手です。

 

対戦しましたし、一緒に筋トレさせてもらいましたが圧倒的に強く、ファール気味に押しても動かないです。

 

少しサッカーのポジションからで言うと大幅なコンバートのようなイメージです。

 

ですがブログ冒頭にもお伝えしました、ストロングポイントを活かす部分で考えると

サッカーで身体を当ててフォワードをブロックしてきた選手にとって

フットサルで活躍できるポジションになるかと思います。

 

ちなみに私の場合は、サッカーでセンターバックの潰れ役、頑張る役だったので、ボールを扱う技術はなかったです。

そういった部分も当時の監督がピヴォのポジションを与えてくれました。

 

身体の強さがないとピヴォは出来ない?

 

このタイトルだと身体が強くなくても出来るって事でしょ?となりますが、もちろん出来ると私は思っています。

 

むしろそう言う選手が今後活躍するとも思っています。

 

その理由を述べていきます。

ちなみに身体を鍛えているピヴォの方や強さを武器にしてる方を否定はしてないです。

自分のどこを強みとして相手と戦うかの話です。

 

ボクシングチャンピオンのメイウェザーが那須川選手とボクシングで戦いましたが、それと似ていると思います。

名須川選手に合わせてキックボクシングで勝負したとしてもパンチのみで勝つ事もできたかも知れないですが

100%実力の発揮できる方法、自分のフィールドで実力を証明すれば良いだけで、別に不利な位置に自分を置く必要は微塵もないです。

 

 

ではピヴォはパワーだけで勝負をするフィールドでしょうか?

 

ピヴォの選手は基本的に背負うとなると相手の最終ラインに位置するフィクソと対峙する事になります。

 

そしてフィクソの選手はディフェンスに長けている選手がなることがあります。

フィジカルをストロングポイントで生きてきた選手がいます。

と言う事は前線ではピヴォとフィクソがフィジカル対決をしている事もありえます。

 

このままですと結論としてはフィジカル対決をした結果勝てた方が主導権を握る事になります。

ボクシングで言うインファイトタイプで懐に入ってお互い殴り合いです。

 

確かにベットンの様な選手がいれば身体で負けることがないので試合も優位に進められます。

 

あれだけの強さを兼ね備えたとしてもフィクソもがっぷり四つとはならず、

ピヴォにボールを入れさせない、インターセプトのポジションどりをすればよくなってきます。

ボクシングで言うとアウトボクサーですね。

 

身体を抑えてくる選手を外して先に予測してパスコースを消す。

毎回とは言えないですがなかなか入れさせない事は可能です。

 

フィジカルコンタクトでキープや打開をしたいピヴォにとっては

活躍が半減します。入らなくなればアラやフィクソの選手も入れにくい心理状態を作れます。

 

現代のフットサルにはピヴォが長くキープする時間がそこまでない

 

フィジカルコンタクトが強いピヴォは見てても楽しくエンターテイメント性は高いです。

ボクシングで一発でダウンが視聴者は一番見たいところです。

 

そしてその様な力強いピヴォはどこのチームも一人は欲しくなるのも事実です。

 

先に現代のピヴォがどの様な選手か先に動画を載せておきます。

 

 

バルセロナのフェラオとエルポソのアレックスです。

 

フェラオに関しては身体は強そうに見えますが、正直ベットンの様にずっと背負ってキープをしていないです。

ボールは動かしつつキープ、フィクソがつられできたスペースに味方を走らせる。

 

あとはダイレクトプレーでシュートが多くなります。

二人ともに後列のボール回しにも参加しながら前のスペースに侵入しシュート、アシストをします。

 

いまのフットサルはピヴォがキープしている時間はなく

キープをしていると二人で挟まれたりなどもされてしまうポジションになっています。

 

攻撃と守備の切り替え、攻撃方向の上下動が早くなっているためと

ディフェンスが完全マンツーマンではなくオルタナティブにポジションを取る戦術も出てきたためと思っています。

 

キーパーからスローをトラップしてシュートなどもある様に展開がどんどん早くなってきています。

攻撃にも参加し動きながらボールを受けて相手スペースをチームで使う動きになっています。

 

その様な中でベットンの様なフィジカルが必ず必要になるでしょうか。

 

先ほどの様にまとめると現代のピヴォは

・敵陣でボールを動かしながら相手に取られないポイントにボールを運びながらシュートまで一人でいけるか。

・攻撃のボール回しに参加しながら相手のプレッシャーを回避出来るか、

・前線のスペースの認識が早くポジションを取れるか。

・スペースに走った味方へのアシストまたはポジションをとってダイレクトシュートが出来るか。

・前線からのディフェンスの寄せを早く抜けた相手にも強度高くプレスが出来るか。

 

現代はディフェンス面も高い強度を必要とされ前線でボールを奪うことも求められています。

と身体の強さを必ず必要とはしないポジションなのではとも感じます。

 

以前の様に身体の強さも必要としてくれているチームももちろんあるとは思います。

 

ただ上下動が早くなっている現代フットサルでは

最後のディフェンスの寄せが早く出来るかは無視できない項目になっています。

 

身体の強さよりも切り替えの速さやスペースの認識の強さなどが大事になってくるかと思います。

そう言った意味ではサッカーの中盤の選手も現在のピヴォは向いているかも知れないです。

地域チームによくある事

少し実体験といいますか経験、周りのピヴォの経験談も含めて話をします。

 

都道府県のリーグのピヴォと監督の間のギャップもここにあると思います。

 

身体は強い選手が良いけど

攻守の切り替えが早く戻りもはやい選手じゃないとディフェンスに不利が出てペースをつかめない展開がある。

結果身体の強いピヴォの強みを活かせない=使いづらい選手になっている事があります。

 

消極的選択を取ると身体の強いだけの選手は使いづらいと言う

監督の中でもここの整理が出来ていないパターンがあります。

 

ディフェンスファーストは当然であって、失点されたら負けてしまうわけですから選択としては間違いではないです。

 

身体を鍛えすぎて動きが鈍くなり、攻守の切り替えについていけないから使えない。

※使えない、ただ大きくする身体を作ると言った錯覚が全体的に問題としてもあります。

 

監督の方はそこについて頑張って戻ってくるといった指示のみになっていませんでしょうか。

選手にもそこにギャップを感じることが多くあります。

 

あと前線にいるのでネガティブトランジション=攻撃から守備になる切り替え

これがピヴォは多くなり背後を取っていると最終列から戻ってディフェンスと精神的にも疲れるシチュエーションでもあります。

これはピヴォ経験者ならわかるあるあるだと思います。

 

もし屈強なピヴォを使って流れを考えるとするならば、

その戦術を活かすべくパートナーを考えるのが大事だと思います。

 

ピヴォ当てが得意な選手を入れて絶対当てれば勝てるピヴォでボールはおさまり優位性を作れます。

 

あとはボールをロストしたとてディフェンス能力が高い選手や切り替えスピード、人より走力がある選手が

ピヴォのネガティブ部分を消し相手の攻撃を遅らせる事ができるのであればチームとしては良いセットになると思います。

 

まとめ

以上、ピヴォってどう言う選手か紹介させてもらいました。

 

フットサルを始めてかなりの人はピヴォをやりたいけど身体能力等で出来ない

自分は無理だと決めてしまった方多いかと思います。

もしかしたら現代のピヴォになることは出来るかも知れないです。

 

個人的にはピヴォのポジションはアラやフィクソの選手も経験して欲しいと思います。

 

経験する事によってピヴォ当てのタイミングや重要性を再認識する事が出来ると思っています。

 

以上、皆さんのフットサル感が少しでも広がるきっかけになれたら嬉しいです。

 

LEGITの最新情報はコチラから