【ターニングポイント】2度目のフットサルとの出会い

こんにちは!広島F・DOの冨広です!

今日は「2度目のフットサルとの出会い」について、お話ししたいと思います。

この投稿は、初めての投稿の続きだと思ってください!

初めての投稿では、自己紹介を含めて自分とフットサルとの出会いについてお話しました。

大学の先輩にフットサルの大会に誘われ、そこからフットサルにのめり込んだと・・・

自分自身、そのフットサルの大会に参加したことをきっかけにそのチームに入団しました。

 

似て非なるスポーツ、サッカーとフットサル

 

しかしチームに入団してからは苦しい日々でした。

サッカーとフットサルは足でボールを扱うという共通点があるものの、似て非なるスポーツだと思います。

入団当初は、その違いに全くついていけませんでした。

足裏でボールを扱うことはできても、動き方が全く分からない。

また攻守の切り替えはサッカーと比べ物にならないぐらい速く、全くついていけません。

 

チームには中国地方を代表する選手がいて、幾度となく怒られました。

時にはとてつもなく厳しい言葉を浴びせられることもありました。

フットサルに出会ってから1~2年はメンタル的にとても厳しい時期でした。

フットサルを嫌々で続けているような状態。

そんな状況では上手くなるはずもありません。

 

全国大会での敗戦…

 

そんな中月日が流れ、チームは地域チャンピオンズリーグに出場しました。

大学の先輩は実習で来る事が出来ず、他の社会人のチームメイトと一緒に大会に挑みました。

その大会で全国の相手を前に、自分の責任で何失点もしました。

なにも出来なかった。

 

そして、敗戦してチームを代表する選手が涙を流している姿を目の当たりにしました。

自分の中でスイッチが入りました。

今でもハッキリ覚えています。

 

フットサルとの向き合い方の変化

 

「真剣に取り組まなきゃダメだ」

 

この大会を機にフットサルに対する取り組み方が変わりました。

今までは嫌々でフットサルに取り組んでいましたが、日々のトレーニングにも取り組むようにもなりました。

取り組み方が変わると、試合中にできることが増え、フットサルが楽しいと感じる事が多くなりました。

そしてどんどんフットサルにのめり込んでいきました。

 

今でもこの大会が人生のターニングポイントだったと思います。

この大会に出て打ちのめされていなければ、ずっと中途半端のままフットサルに取り組んでいたと思います。

もしかしたらフットサルを続けていなかったかもしれません。

 

助っ人で参加して初めてフットサルに出会ったのが、「1度目のフットサルとの出会い」、この全国大会が自分にとっての「2度目のフットサルとの出会い」です。

本気でフットサルに取り組もうと決心した瞬間でした。

 

フットサルに限らず、何事も気持ちが変われば取り組み方も変わってきますよね!

みなさんもそんな経験があるんじゃないかなと思います!

今日はそんなことを書いてみたい気分でした(^^)

長い投稿、失礼しました!

それではまた!

 

広島F・DO 冨広 洋平

LEGITの最新情報はコチラから