全日本フットサル選手権を振り返る VS バルドラール浦安

  • 2016年3月13日
  • 試合
  • 76view

お疲れ様です。広島FDO監督 高垣です。

今回は試合中に感じた問題点を少し書いてみます。
メモ書きのような感じになりますがお付き合いください。

 

 

攻守の切り替え(トランジション)

引いて守りカウンターを狙うスタンスを取ったが、トランジションの面で相手より遅く、

絶好のカウンター機会を幾度となく失う。

 

 

1対1の弱さ

アラでの1対1に関して自由にさせてはいけない。

突破されることでフィクソのカバーを要することになり逆アラが警戒し

あらかじめ深めに絞らないといけない。

後手にまわるDFは相手にリズムも作られ、ゲーム運びが厳しくなる。

ましてや、引いて守ってるDFは、それだけスペースも消しているので

アラでやられてはならない。

 

 

パワープレーの質

パワープレーに関して、3種類用意はしている中で、どれがハマり、どれがNGなのかを

瞬時に決断する必要がある。しかし、この試合はその以前の問題で、

アナリティックの部分で選手はもっと質を高めないといけない。

LEGITの最新情報はコチラから