エフドゥLEGEND達

こんにちは!

日本フットサルリーグディビジョン2広島エフドゥ所属の冨広です!

久しぶりの投稿になりますが、今回は広島エフドゥを引退していった人達に送る回顧録として久しぶりにブログを書こうと思います!

昨年から今年にかけてこれまでエフドゥを支えたベテラン達が引退していきました。

三宅研司(ケンジさん)・川田尚幸(かわちゃん)・吉村和大(カズ)の3選手です。

ケンジさんは昨年、かわちゃんとカズは今シーズンをもって引退します。

エフドゥに計り知れない貢献をした3選手に対して、トミヒロ目線でリスペクトを持って、3選手について書いていきたいと思います。

No.10 三宅研司

昨年の2018-2019シーズンをもって現役引退した言わずと知れた広島エフドゥのレジェンド。

この人抜きにここ10数年のエフドゥは語れません。

僕がエフドゥに入るきっかけを作ってくれた人であり、フットサルを一から教えてくれた人です。

「フットサルの雰囲気を感じるだけでもいいからさ♪」そんな誘い文句に踊らされ軽い気持ちでエフドゥに行き、フットサル沼にはまり、この歳までボールを追いかける羽目になりました(笑)

そんなケンジさんは一言で言えば”闘将”

自分にも厳しいし、人にも厳しい。

自分への厳しさで言えば、自らに課した走り込みのトレーニングで吐くぐらい追い込める人です。

厳しすぎです(笑)

人への厳しさで言えば、ケンジさんからは練習中にここには書けないような罵詈雑言をたくさん浴びせられました。

今だったらパワハラで訴えていると思います(笑)

ケンジさんにムカついたことなんて何度もありましたが、ものすごく頼りにしていました。

なぜならフットサルに誰よりも真摯に取り組んでることが伝わってくるからです。

今でこそYOU TUBEなどにフットサルの練習メニューなど情報が溢れていますが、10数年前はそんな物はありません。

自ら関東や関西のチームに赴き、練習メニューなどを勉強し、エフドゥに還元してくれました。

フットサルの試合を一緒に見ながら、たくさんアドバイスを送ってくれました。

そんなケンジさんの情熱に感化され、フットサルに真摯に取り組みたいメンバーが集まったことでエフドゥは長く中国地方で勝ち続けることができたんだと思います。

No.8 川田尚幸

僕がエフドゥに入団した時にはすでにエフドゥにいたかわちゃん。

寡黙で、最初はそんなに話すことはなかったと思います。

かわちゃんは大学を卒業したタイミングで関東に行きました。

その時Fリーグはまだ存在してなくて、地域リーグである関東リーグが日本最高峰のリーグでした。

その関東リーグに挑戦するため、関東に上京。

フットサル界では有名である名門のファイルフォックスに入団。

その時現在のエフドゥ監督であるテツさんも在籍しており、エフドゥで唯一テツさんと選手として同じチームで時間を共有した選手です。

レベルの高いファイルフォックスでもまれたかわちゃん。

エフドゥに帰ってきたのは約8年前。

エフドゥに帰ってからは関東リーグでのプレーの基準をチームに還元してくれました。

またキャプテンとして責任感が強く、チームのために動ける人です。

仕事もしながら対戦相手や自分達の試合の映像を編集して、少しでも試合に良い状態で臨めるように、フットサル経験が少ない選手が少しでも上達するように働きかけてくれました。

そんなかわちゃんと最後に選手権で戦いたかった。。。

致し方ない状況とはいえ、長く一緒に戦ってきたかわちゃんと最後に試合がしたかったです。

No.1 吉村和大

雄叫びゴレイロこと、カズ(上の写真みたいな感じ)。

試合中もさることながら練習中でも雄叫びを欠かさない選手です。

大学を卒業して、獣医さんとして働きながらエフドゥの選手として頑張ってくれました。

入団当初は下のシュートに足が出ず、手でボールを取りにいっていたので、

「足出せよ!!」と何度も怒りました(笑)

本人曰く社会人になって一番自分を怒った人はトミヒロらしいです(笑)

すまんかった!

そんなカズはフットサルに対して本当に真摯な姿勢で取り組みます。

フィジカルトレーニングも手を抜かないし、何事も一生懸命。

一度仕事の関係でエフドゥから離れましたが、再度エフドゥに誘った理由はフットサルに真摯だったことが大きいです。

仕事で全ての練習・試合に来られないことは分かっていましたが、カズならそれを言い訳にせず自分の置かれた環境で100%フットサルに取り組んでくれると信じられたから。

獣医とフットサル選手。

二足のワラジで全力で駆け抜けた数年間だったと思います。

今回の引退でエフドゥとは選手としては本当にサヨナラ。

新たな人生の門出に立ちます。

獣医さんとして開業。

様々なリスクをとって開業することに本当にリスペクトです。

個人的には診療中も雄叫びを上げてくれることを期待しています(笑)

最後に・・・

みんなに惜しまれながら引退していった選手達。

全員に共通して言えることは「フットサルに対して真摯であること」

フットサルで飯が食えるわけじゃない。

仕事ではなく趣味でしょ?ともいえる状況で仕事をしながらフットサルに全力で取り組む。

この熱さがエフドゥを支えてきた。

このことは100%言えます。

現在はスポンサー企業の元で働かせて頂きながらフットサルに専念できる環境になってきたエフドゥ。

F2リーグになって厳しい環境ながらも地域リーグ時代に比べたら環境はかなり改善されました。

でもこういった選手達が残した

「フットサルに対して真摯であること」

凄く当たり前のことですが、絶対に受け継いでいかないといけないことだと感じています。

 

終わり


広島エフドゥのTwitterでは、試合情報や試合のハイライトなどの情報を随時更新していますので是非フォローお願いします!

またチーム公式のYouTubeチャンネルも開設しています!こちらも是非ご覧ください!

ちなみに僕のTwitterでは、試合情報や普段のトレーニングの様子など発信していますので、チームのTwitterと合わせてフォローお願いします!

LEGITの最新情報はコチラから