フットサル・サッカー選手必見!タイミングだけで交わせる「ボールアタック」

こんにちは。

関東フットサルリーグ1部リガーレ東京の米谷です。

普段プレーしていて、ボールを受けた時に、すぐに寄せられてしまうといったことないでしょうか?

もしくは、受ける前に既に寄せられていて何もできないなどありませんか?

今回は、そういった悩みを解消するプレーを紹介します!

こんな選手にオススメ

ドリブルが得意じゃないと感じている選手

トラップしたときに相手DFに取られてしまう選手

運ぶドリブルができないと悩んでいる選手

参考動画

ブラジル代表14番ディビディルの「ボールアタック」です。

ギリギリまでボールが出るのを待って、動き出しながらトラップをスペースに運んでいるのがわかります。

逆サイドに運んだ時に、サイドの選手と2対1を作り出しているのがわかりますね。

Twitterで「ボールアタック」というワードで検索するとけっこう出てくるので、検索してみてください!

プレーのポイント解説

難易度:B

このプレーのポイントは「タイミング」です。

ボールが出し手から出る前に動いてしまうとDFに反応されやすくなります。

逆に、ボールが出た後に動き出しが遅くなるのもDFに寄せられてしまいます。

ボールが出る瞬間ボールが動いてからすぐの感覚で動き出すのがポイントです。

いかにボールが出るまで我慢できるかが重要です。

なぜか?

なぜなら、人間は動くものを目で追ってしまう習性があるからです。

ボールが動き出すことで、DFの大半はボールを目で追ってしまいます。

その時に動き出せば、ボールに注意が向いているDFの自分に対しての認知が一瞬遅れます。対応が遅れるので、動画のように少しですがズレてトラップすることができます。

ボールアタックの効果

1.トラップする時には、相手DFが多少でも外れているので、ドリブルがしやすい(ドリブルしている時にプレッシャーが少ない)。さらに、スペースにドリブルしやすいので、結果的に運ぶドリブルができることになる。

2.ボールへの寄せが弱まるので、トラップした時に取られる確率が下がる。

導入するには

大事なのは、一つだけ。

「ボールが動いてから自分がボールに向かって動くこと」

まずはこれだけ意識してプレーしてみてください。必ず変化や普段と違う変化が出ます。

まとめ

今回は、「ボールアタック」について解説しました。

「タイミング」がポイントなので、フットサルでもサッカーでもどちらでも行う事が出来ます!

このボールアタックを基本として、様々な個人戦術に関わってきますので、是非練習してみてください。

わからないことや、教わりたいなどあれば、私のSNSアカウントまでご連絡ください!

>>ツイッターアカウントはコチラ

LEGITの最新情報はコチラから