フットサル プレー紹介/アラの選手必見!ドリブル「切り返し」

こんにちは。

関東フットサルリーグ1部リガーレ東京所属の米谷です。

 

僕はよく、「顔からイメージできるプレースタイルと全然違うね!」と言われます。

どんなイメージやねん!と言いたくなります。笑

どうやらフィジカル系のゴリゴリ系のプレースタイルをイメージされるそうです。

 

いえ!!バリバリの理論派です!!笑

 

話が逸れましたが今回は、

ドリブルに対して苦手意識を持っている選手に向けて、ドリブルの紹介をしながらポイントをご紹介します!

自分の得意なパターンを見つけよう!

ドリブルって中々難しいですよね。

僕も、もともとはそんなに得意なイメージを持っていないです。

難しいと思う事に挑戦するときは、「できることをやる」ということを一つ持っておくと良いと考えています。

できることをやる

僕の例で言うと、ボールをまたぐフェイントでシザースというのがありますが、僕は身体が硬いので苦手です。

ですので、試合ではあまり使いません。

では、他にどのようなドリブルならできるか?という事を自分の中で整理していくことで、ある程度の自分の中のパターンが出てきました。

今日は、その中の一例を動画にしたので、ご覧ください。

参考動画/ドリブル「切り返し」

 

昨年の関東フットサルリーグ1部での得点シーンです。得点者は僕です。笑

シュートシーンは割愛して、シュートに行く前のドリブルに注目してください。

一般的に「切り返し」といわれるものです。

プレーのポイント解説

難易度:B

「切り返し」のポイントは2つです!

スペースに余裕を持つ

動画を見てもらえるとわかりますが、切り返すを行う前に相手DFとある程度スペースに余裕を持っている状態から始めています。

距離が詰まった状態だと、次に書く、矢印を相手DFに示すことがそもそも難しくなってしまいますので、まずは思っている以上にスペースに余裕を持っていいです。

矢印を相手DFに示す事

まずは画像から。

 

ドリブルの矢印をあえて中に向けて・・・・・・

 

向けて・・・・

 

一気に逆に矢印を変えます!

やっていることは、直線ドリブルと一回のタイミングを計った「切り返し」だけです。

 

シザースを何回もやってとか、ステップを細かく刻んでとか、身体的に練習が必要なことは特にしていません。

大事なのは、スペースに余裕を持って行う事です。

導入するには

相手DFに近くない場所から矢印を示していこう!

「切り返し」を行う多くの選手は、相手に近い場所で「矢印を示す」「切り返す」の2つをやろうとして、DFに詰められてしまうことが多いです。

まずは、スペースのある状態で「矢印を示す」ことから始めましょう!

インサイド、アウトサイドでの切り返しの感覚をつかもう!

「切り返し」は技術習得が必要なので、身体操作も含めて練習が必要です。

家でもできるので、切り返しのボールタッチの練習を行いましょう!

相手の重心が矢印方向に乗る瞬間に切り返そう!

矢印を相手DFに示すことができると、矢印に対して相手DFの身体が向く時があります。それが切り返すチャンスになります。

もし、矢印に乗らなければそのまま、ドリブルして進んでしまえば良いですね。

 

注意しなければいけないのは、「切り返し」が目的になってしまうこと。

目的は常にゴールを奪うためというのは忘れずにプレーしましょう!

まとめ

今回は、ドリブルの「切り返し」についてご紹介しました!

自分はドリブルはできないなと思っていても、タイミングを抑えればできることが多くなります!

是非トライしてみてください!

 

わからないことありましたら、僕のSNSアカウントまでお気軽に連絡ください!

>>ツイッターアカウントはコチラ

LEGITの最新情報はコチラから