フットサル プレー解説/サイドでのディフェンダーから「離れる」ドリブル

こんにちは。関東フットサルリーグ1部リガーレ東京所属の米谷です。

フットサルの動画を見ていると、海外の選手がサイドでドリブルをしてシュートを打てるシーンについて共通点があることに気づきました。

大体の選手は今回紹介するプレーをパターンとして持っています。

 

それは、相手ディフェンダーから離れるドリブルです。

 

離れるって?と思った方は、動画を掲載しているのでこのまま読んでみてください。

おそらく基本的なプレーの1つになるんじゃないかなと。

「離れるドリブル」を1つのポイントとして押さえてもらうと、サイドでのプレーに幅が広がること間違いないので紹介します!

この記事のオススメの人

✔ サイドでのドリブル突破の方法がわからない選手

✔ サイドでのプレーの幅を広げたい選手

離れるドリブルの参考動画

スペイン代表のリン(FCバルセロナ)という選手とFCバルセロナのダニエルシライシという選手です。

生粋のドリブラーではないですが、シュートが打てるドリブルをしっかりと行っています。

プレー解説

難易度:B

1番の特徴は、相手から離れるように斜めに動いている点です。

 

動画の最初のプレーを見ると、ドリブルで徐々に(ゴール方向へ)斜め中央に運んでいるのが分かります(突破のための布石)。

そして、一気に相手から(コーナー方向へ)離れるように斜めに運んでいるのが分かります(突破のアクション)。

 

相手から離れるようにドリブルすると、相手ディフェンダーの足がボールの軌道上に出づらくなります。

なぜなら、相手ディフェンスから離れれば離れるほど小さいボールに足を当てるということが難しいからです。

 

なので、シュートしたボールをしっかりとゴールの方向に飛ばすことができるんですね。

もう一度動画を見て頂けるとわかるかなと思います。

プレーのポイント

大きなポイントは、突破するときのアクション(自分+ボール)を相手から離れるように行う事です。

 

相手から離れるためには、斜めのスペースを作っておくことがとても重要になります。

そして斜めのスペースを作るために、自分を中央のスペースに動かす事が重要です。

 

サイドラインぎりぎりでボールを受けたり、コントロールを続けてしまうと、サイドラインが壁になり、突破のアクションで斜めに離れる事ができません。

なので、トラップをする瞬間や、相手が待ち構えているときは、サイドラインから最低でも50センチ程度は中のスペースでボールをコントロールしましょう。

シュートを打つ時の軸足はゴール方向へ!!!

シュートを打つ選手の軸足の向きに注目!!!

超大事です。

ドリブルした後、シュートを打つ時に、踏み込む足(軸足)のつま先をゴール方向に向けることを忘れないでください。これ超大事です。

 

相手から離れるという事は、極端な話、ゴール方向とは逆にドリブルすることになります。

シュートを打つ時に軸足がゴール方向ではない向きになってしまうと、身体が上手く回らずに、ゴールの枠にボールが飛びません。

 

「軸足がゴール方向を向かないとゴールの枠にボールが入りづらい」は、全ての状況で言えるものになるので、シュートを打つ時に注意してください。

意識で変える事のできるプレーの1つ

今回のプレーは、意識次第で変える事のできるプレーの1つだと考えています。

ボールを受ける位置や、運ぶ場所の認識があれば、成功する確率は高くなります。

是非、意識してみてください。

 

似た切り口で別記事も書いていますので、合わせて読んでみてください。

関連記事:フットサル プレー紹介/アラの選手必見!ドリブル「切り返し」

まとめ

相手から離れるというと一見、上手くいかなそうなイメージを持つかもしれませんが、実はスペースを上手く使えてシュートを打てる有効な手段になります。

相手から離れる動きまでの一連の流れがイメージできてくると、プレーの幅が一気に広がると思いますので、是非チャレンジしてみてくだい!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

Twitterでもフットサル情報を発信しているので、フォローお願いします!!>>アカウントはこちら



 

 

 

LEGITの最新情報はコチラから