サッカー フットサル ユニフォーム 事例|イージーオーダー< シャドーボーダー >千葉トヨタ様

この事例はユニフォーム規程外で作製しております。公式戦用ユニフォームを作製時に参考にされる場合、ご注意ください。

皆さんこんにちは、サッカー、フットサルブランド LEGIT(レジット) チームオーダー担当です。

このブログではLEGITのイージーチームオーダーモデル(国産昇華プリント)でのユニフォーム 作製事例をご紹介しております。

今回は色の濃淡調整で表現したボーダー(横縞)がポイントのテンプレートモデルNo.008<シャドーボーダー>でのユニフォーム作製事例をご紹介致します。

1.ユニフォーム データ

FPシャツ(エンジ)千葉トヨタ
FPパンツ(ブラック)千葉トヨタ
GKシャツ(イエロー)千葉トヨタ
GKパンツ(イエロー)千葉トヨタ

チーム

千葉トヨタ

ユニフォームカラー

FP:エンジ×レッド×ブラック×ホワイト
GK:イエロー×ブラック×ホワイト

ベースウェア

シャツ:モデルNo.008<シャドーボーダー>

パンツ:モデルNo.006<サイドライン>

予算

・昇華ユニフォームシャツ:¥7,000
・昇華ユニフォームパンツ:¥5,000
合計:¥12,000(1セット 税抜/マーキング代込み

マーキング

・背番号
・小番号(胸/パンツ)
・チーム名(胸)
・LEGITロゴ(背番号上)

襟・袖仕様

襟:丸首タイプ
袖:ラグランタイプ

2.ご要望

・チーム名のオリジナルフォント

3.作製ポイント

・マーキングの下地無し

4.まとめ

シャツはトレンドから定番化してきた同系色で濃淡調整したボーダーが特徴のモデル<シャドーボーダー>をセレクトして作製。

パンツは両サイドの2色3本のラインをシャツと揃えるために<サイドライン>をセレクトしたユニフォームです。

サッカー、フットサルのユニフォームデザインとしては王道・定番のボーダーデザインですが、なるべく他のチームと違うもの、よりオシャレなものをお探しのチームにもオススメです。

フィールドプレーヤーはエンジ、レッドでカラー調整、サイドのラインはブラックとホワイトをセレクト、ゴールキーパーはイエローをメインに同じくサイドのラインはブラックとホワイトをセレクトしています。

ボーダーやストライプなどのデザインで、濃淡逆の色をセレクトした場合、背番号やチーム名を目立たせるために下地を引くことがありますが、その場合、ユニフォームの柄をカットすることになり、どうしてもデザインバランスを崩しかねません。

この事例のように本体は濃淡同系色(エンジ×レッド/イエロー)、マーキングは本体と濃淡逆色を選ぶことで、下地を引くことなく、それでいてマーキング部分の視認性を上げることができます。

どうしても強い希望で使いたい色が濃淡逆の場合を除き、色の選び方として推奨しているパターンです。

胸のチーム名はお客様の指定フォントにて対応、番号フォントはユニフォームデザインとも相性も良く、スポーツらしさのある細身の書体で全体の統一感も◎です。

背番号の上にはLEGITロゴをオプションで追加しております。こちらも各種マーキングと色を揃えています。(ユニフォーム規程外となりますので、参考にされる場合はご注意ください。)



この事例モデルの<シャドーボーダー>も含む、各種ボーダーデザインの事例も合わせてご参考ください。

チームオーダーの事例作製のコツ、ポイントは当サイト他ページもぜひご覧ください。

サッカー、フットサルのカッコいい、オシャレなユニフォーム作り、チームオーダーのお問合せ、ご質問、お見積り、ご相談etc、お気軽にお問い合わせページからご連絡ください!

また、LINEでも1対1トークを使ってお問い合わせや質問が可能です!お気軽に友達追加してみてください!

友だち追加

千葉トヨタの皆様、ユニフォームオーダー誠にありがとうございます!お怪我のないよう、サッカー、フットサル楽しんでください!

この記事をシェアする