サッカー フットサル ユニフォーム事例|桜柄(昇華プリント/ユニフォーム規程内)/Sonne千葉

サッカー・フットサルウェアブランド “LEGIT(レジット)”のチームオーダー担当です。

このブログでは、失敗しないユニフォーム作りのコツの紹介や、作製事例の解説をしており、

この記事では、簡単にサッカー・フットサルチームのユニフォームを作製できる、

LEGITのイージーチームオーダーモデル(国産昇華プリント)の中から、

男女問わず人気のデザイン、“桜柄モデル”での作製事例を解説していきます。

 

公式戦用として、ホーム&アウェイの2色(GK含めて4色)、サッカー・フットサルのユニフォーム規程(2021年度)に合わせての作製です。

1.ユニフォーム データ

チーム

Sonne千葉(社会人/千葉県フットサルリーグ1部 ※チーム名、所属は作製時)

ユニフォームカラー

フィールドプレーヤー

1st:ホワイト
2nd:Lグリーン



ゴールキーパー

1st:オレンジ
2nd:ブルー



ベースウェア

・シャツ
シャツモデル No.003/桜柄

・パンツ
パンツモデル No.003/桜柄

予算

ウェア

・昇華ユニフォームシャツ:¥7,000
・昇華ユニフォームパンツ:¥5,000

合計:¥12,000/1セット(マーキング代込み/税抜)

その他

なし

マーキング

・背番号
・小番号(胸下中央/左足前)
・エンブレム(左胸/右足)
・企業ロゴ(全胸)

襟・袖仕様

襟:丸首タイプ
袖:ラグランタイプ

2.作製ポイント

チームでも個人でも人気のモデルで、濃淡調整して表現した桜柄ベースの事例です。

ホーム、アウェイ(1st、2nd)、GKも含めて全4色、上下すべて桜柄で揃えています。

フットサルの場合はパワープレーがあるため、同デザインで4色揃えると、どの組み合わせになってもデザインの統一性があります。

本体色のポイント

LEGITの総柄モデルはこの桜柄も含めて、本体カラーを基点に濃淡調整して表現しているため、総柄でも公式戦用として使いやすいようになっています。

 

本体と濃淡逆の色で柄を表現(例えば本体が濃い青で、柄が白など)すると、マーキング色の選択肢が少なくなったり、

マーキング部分の視認性を確保するために下地を引く(またはフチ取りをする)必要が出てくる

総柄デザインなのに柄部分を下地でカットすることになります。

 

特に公式戦用となると、全4色を重複しないように作製するため、

本体で濃淡逆の色を使っていくと、マーキング色で悩んだり、

場合によってはユニフォーム規程に合わせるのが難しくなってくるので、注意が必要です。

✓関連記事:ユニフォームの色の選び方

✓関連記事:背番号やチーム名などマーキング、圧着プリントのコツ

エンブレムのポイント

チームエンブレムのカラーがオレンジとグリーン系を使ったデザインになっています。

そのため、GK用のオレンジのみ、エンブレム周囲に5mmほどのフチを白で入れています。

貼り付けるタイプの圧着プリントであれば、エンブレムと本体が同色でも光沢感などで違いがわかりますが、

昇華プリントの場合は、どこからがエンブレムなのかがわかりづらくなるため、注意が必要です。

 

なお、昇華プリントでのユニフォーム作製においても、

例えば光沢感(特にゴールドやシルバーを使う場合)を優先するためなどの理由で、

敢えてエンブレムやロゴだけを圧着プリントにするケースもあります。

 

何を優先するかによって、どの選択肢が最適かご案内致しますので、まずは御希望をぶつけてください。

✓関連記事:サッカー・フットサル ユニフォーム製作前の必要事項チェックリスト



このユニフォーム製作事例も含む、桜柄系デザインの事例も合わせてご参考ください。

 

また、チームオーダーの事例や、作製のコツ・ポイントは当サイトの他ページもぜひご覧ください。

 

サッカー、フットサルのカッコいい、オシャレなユニフォーム作りのために、

ユニフォーム規定の確認、ご質問、お見積り、ご相談はもちろん、

無料でイメージ作製も対応しております。

 

お気軽にお問い合わせページからご連絡ください!

 

LINEでも1対1トークを使って、同じくお問い合わせや質問が可能です。お気軽に友達追加からご連絡ください!

友だち追加

Sonne千葉の皆様、ユニフォームオーダー誠にありがとうございます!

お怪我のないようサッカー、フットサル楽しんでください!

関連記事:同チームの練習着(ゼブラ柄)の紹介はコチラ

この記事をシェアする