【サッカー・フットサル ユニフォーム 事例】イージーオーダーモデル<Vタイプボーダー>|トルエーラ柏

この事例は公式戦用として作製しておりますが、作製時のユニフォーム規程基準で、最新のユニフォーム規程には合わないことがあります。ご注意ください。
皆さんこんにちは、サッカー、フットサルウェアブランド LEGIT(レジット) チームオーダー担当です。

LEGITのイージーチームオーダーモデルでの ユニフォーム 作製事例のご紹介、今回はモデルNo.007【Vタイプボーダー】をご活用いただいた事例です。

1.ユニフォーム データ

FPシャツトルエーラ柏
GKシャツトルエーラ柏

チーム

トルエーラ柏 2017-18シーズン(関東フットサルリーグ) 2ndユニフォーム

メインカラー

ホワイト(FP)Tブルー(GK)

ベースウェア

モデルNo.007【V型ボーダー】
追加デザイン:特になし

予算

シャツ¥9,000、パンツ¥6,000、合計¥15,000(チーム割引適用前/税抜価格)

マーキング

背番号、小番号、ネーム、エンブレム、各種スポンサーロゴ

襟・袖タイプ

襟:丸首タイプ

袖:ラグランタイプ

2.御客様からのご要望

・特になし
・エンブレム、各種スポンサーロゴのデータはチーム持ち込み

3.提案内容

・背番号とネームはV型の2色のボーダーラインをまたがるため、本体メインカラーで縁取り対応
・フロント番号は逆色で目立つので縁取りなし
・胸と左袖のスポンサーロゴは白で下地引き
・公式リーグ参加のチームユニフォームのため、各種スポンサーロゴも規程範囲内で大きめに、かつバランスが悪くならないように調整

4.まとめ

メインカラーに対してラインに反対の強い色を採用すると、マーキングに使える色の選択肢がかなり狭まったり、下地を引いたり、フチ取りをしたりといったことが必要になります。

今回のケースではホワイトの方のボーダーカラーがグレーとレッドで濃淡逆色のため、縁取り対応が必要となりました。

Tブルーはボーダーカラーも含めて同系色まとめなので、縁取りなくても十分にハッキリとしますが、ホワイトに合わせて縁取りにしています。

シャツ・パンツでメインカラーを揃えているので、ユニフォーム全体で使う色も増えず、まとまりのある統一感のある仕上がりになっております。

この事例のようにユニフォームのサイドにラインが入るデザインなどだと、シャツとパンツでメインカラーが分かれると、ラインカラーの選定に難しさが出てくることがあります。

よくご質問いただく1つでもありますが、GKユニフォームはFPユニフォームと同デザインの別色です。チームとしても統一感があります。



チームオーダーの事例作製のコツ、ポイントは当サイト他ページもぜひご覧ください。

サッカー、フットサルの ユニフォーム作り、チームオーダーのお問合せ、ご質問、お見積り、ご相談、お気軽にお問い合わせページからご連絡ください!

また、LINEでもお問い合わせや質問が可能です!お気軽に友達追加してみてください!

友だち追加

トルエーラ柏の皆様、いつもありがとうございます!
お怪我のないよう、チーム活動頑張ってください!

この記事をシェアする