ユニフォーム作製|オーダー時にミスマッチを未然に防ぐコツ

皆さんこんにちは。サッカー・フットサルウェアブランド LEGIT(レジット)のチームオーダー担当です。

サッカー・フットサルのユニフォーム、チームウェア作製方法やコツを紹介する【チームオーダーのコツ】シリーズ、今回は、ユニフォーム作りにおいて『ミスマッチを減らす』『希望に近い・精度の高いユニフォームを作製する』ためのポイントをまとめています。

こちらの記事の内容は随時更新されます。最終更新2019.1.21

1.使用シーンを明確にする

ユニフォーム作製において最も注意しなければいけない点は、どこで使うのか=ユニフォーム規程に合わせて作製する必要があるかないかです。これによってデザイン、カラー、マーキングそれぞれできることが大きく変わってきます。

都道府県協会主催のリーグ・大会の他、民間企業主催のリーグ・大会でも独自ルールを設定されていることもありますので、主催者側へ事前確認をしておくと確実です。

せっかくユニフォームを作製したのに使えないということを防ぐためにも、ユニフォームをチームオーダーの際には公式戦で活用されるか、担当にお伝えください。

また、LEGITではチームオーダー担当がユニフォーム規程も把握しており、事例からアドバイスも可能ですので、ご不明な点や不安な点はご質問ください。

2.マーキングサイズを明確にする

例えば『番号を小さめに入れたい』というご希望の場合、<小さめ>という言葉が感覚値のため、cm単位の<縦幅指定>でオーダーされることを推奨しております。

番号に比べて横に長くなることが多いチーム名や個人名や、縦幅よりも横幅のあるデザインのエンブレムや各種スポンサーロゴなどは、同じくcm単位での<横幅指定>がオススメです。

ただし、チーム名や個人名については書体による影響(縦幅のある書体 or 横幅のある書体)なども受けますので、詳しくはご相談ください。

サッカー・フットサル ユニフォーム|背番号やチーム名などマーキング、圧着プリントのコツ

2018年4月14日

3.デザイン希望を明確にする

マーキングサイズ同様、特にオリジナルのフルデザインオーダーなどの場合、デザインや色の希望を、参考画像なども交えて具体的にお伝えいただけるとより精度も高く、かつスムーズに進みます

特に色について、白と黒は言葉で伝えても認識にズレは起きづらいですが、他の色については例えば青であれば、薄い青、濃い青、緑に近い青など、濃淡等で違いが大きくなりますので、共通認識ができる画像等で進めるのが間違いがありません。

※LEGITではユニフォーム選択カラーに定番色を用意しております。細かい色の指定については可能な範囲でお受け致しますが、色調整に時間が掛かり納期に影響が出ることや、別途、色の調整費用が掛かる場合がございます。お問い合わせください。

4.電話よりもメールで

細かい点の確認や質問など、電話でのお問い合わせがお好みの方も多いかと思いますが、言い間違い、聞き間違い、伝え漏れなどの、いわゆる『言った・言わない』などのコミュニケーショントラブルに繋がりやすく、

結果、御希望の内容と納品物にズレが生じてしまうことがあります。オーダーの際には受信可能なメールアドレスをご用意ください。(LEGITではお電話のお問い合わせ対応後、御客様へメールを送付、内容の確認をお願いするようにしております。)

また、メールでのやりとりの中でも、途中で希望内容が変わった場合などは、変更点だけではなく、変更点も含めた希望内容を整えてまとめると、こちらもオーダーミスが起こりにくくなります。(こちらもLEGITでは希望内容を整理して、最終確認をお願いするようにしております。)


以上、オーダーの際にミスマッチを防ぐためのポイントでした。

こちらの記事の内容については、LEGITへのオーダー以外にも、他メーカー、各種スポーツショップでのオーダー時にも当てはまることが多いかと想定されますので、ご参考ください。

LEGITではユニフォームやチームオーダー担当のアドバイザーがいますので、小さなことや細かなものでも、ご遠慮なく質問・御相談ください。

この記事をシェアする