サッカー フットサル ユニフォーム作製のコツ/ユニフォームの色の選び方

サッカー・フットサルウェアブランド LEGIT(レジット)のチームオーダー担当です。

 

このサイトではサッカー・フットサルのユニフォーム、チームウェア作製方法のポイントや注意事項を【チームオーダーのコツ】シリーズとして紹介しており、

この記事では、ユニフォーム規程のある公式戦に参加するチームのユニフォーム作りで、ユニフォーム本体の色をどう選択するか、ということについて解説していきます。

 

なお前提としては、フィールドプレーヤー、ゴールキーパーで、それぞれ1st(ホーム)、2nd(アウェイ)の計4色のユニフォームを作る想定です。

失敗しないユニフォーム作りのためにご参考ください。

1.濃淡が逆の色を選ぶ

公式戦参加のチームの内、多くのチームがフィールドプレーヤーの1st(ホーム)ユニフォームに、チームカラーを採用するケースが多く、ここを基準にしていきます。

 

フィールドプレーヤーの1stユニフォームが濃い色の場合(例えば濃い緑や赤系)、2ndユニフォームは淡色を採用します。

1stユニフォームが淡色ではない場合、2ndユニフォームには、対戦相手のどんな色にも合わせやすいという理由でホワイトを採用するチームが多いです。

 

ゴールキーパーについても同じ考え方で、1st、2ndで濃淡が逆になる色を選択します。

 

フィールドプレーヤーとゴールキーパーそれぞれ1st、2ndの合計4色で、同系色、近しい色で重ならないように選択します。

参考例

フィールドプレーヤー
1st:ブルー 2nd:ホワイト

ゴールキーパー
1st:ライトグリーン 2nd:エンジ

2.シャツ・パンツ・ソックスカラーの選び方

シャツ、パンツ、ソックスのそれぞれの色の選び方についてですが、

色の組み合わせに強い希望がない場合、LEGITではデザインの統一感が出しやすい

=各ユニフォームでマーキングなどを含めて使う色がバラけない、という点で、

シャツ・パンツ・ソックスのメインカラーは同色合わせを推奨しております。

 

ユニフォーム規程上、シャツで選択することができないブラック、ネイビー(※)を、

フィールドプレーヤーの1stユニフォームのパンツに採用されるチームが多いですが、

シャツとパンツで別のカラーを選ぶ場合は、なるべく濃淡が同じ色を選択した方が、全体(他3色)の色をまとめやすいです。

例:パンツがネイビー(濃)ならシャツがエンジ(濃)

 

※Jリーグ、なでしこリーグ、Fリーグなどのトップリーグはユニフォーム規程が別となるため、シャツにブラックやネイビーを採用していることがあります。

3.掛け色、差し色の選び方

ユニフォームの切替部分やラインなどの色の選び方についてですが、

こちらも色の組み合わせに強い希望がない場合、濃淡が逆にならない組み合わせを推奨しております。

例:ホワイトがメインのユニフォームの差し色に、ブラックやネイビーなどの濃い色を選ばない

 

細いラインなどであれば影響は大きくないですが、面積が大きい切替部分やマーキングに重なる部分に濃淡逆の色を選ぶ場合、

マーキングカラーや他3色のユニフォームカラーの選択肢が少なくなることも考えられます。

※場合によってはユニフォーム規程に引っ掛かることも考えられます。

 

また、カモフラ柄などの総柄系デザインをユニフォームデザインに採用する場合は、LEGITではメインカラーの濃淡調整を推奨しております。

人気:カモフラージュ柄のユニフォーム事例 記事一覧


以上、公式戦用にユニフォームを作製する際には、ぜひ参考にしていただきたいユニフォームカラーの選び方のコツについてでした。

 

コツではありますが、チームで好きな色や使いたい色の強い希望などもあると思いますので、作製前にぜひご相談ください。

 

ユニフォームやチームウェアの作製時には予算、使用シーンなども添えてご相談いただけますと、より御客様に合ったご提案・ご案内ができますので、細かくお伝えください。

関連記事:サッカー・フットサル ユニフォーム製作前の必要事項チェックリスト(全33項目)

 

ご不明な点やご質問はお気軽にお問い合わせください。

✓関連:ユニフォーム作製事例の紹介記事一覧

✓関連:ユニフォーム・ウェア作製のコツ 記事一覧


LEGITでは、サッカー・フットサルチームのチームオーダーについて、LINEでもお問い合わせや質問が可能です!

LEGITのウェアでのオーダーあれば、無料でイメージ作製もしております。

お気軽に友達追加してLINEしてみてください!

友だち追加

この記事をシェアする