社会人フットサルチームを勝てるチームにするために!その1「約束事」

こんにちは!
リガーレ東京の米谷です。

思いつきですが、こんな企画をしていきたいと思います。

実は僕は社会人チームも指導しています。

東京都オープンリーグ、チャレンジリーグを経てやっと去年東京都フットサルリーグ3部に昇格しました。

この経験を、これから競技リーグを始める方々に有益な情報として書いていければと想います。

今日のテーマは、チームが活動する上で最初に行うプランニングの中で、チームの約束事の決定にフォーカスします!

約束事というのは、チームの核となるもの。

そして、今回の約束事はフットサルのプレーにおいての約束事について書きます。

オープンリーグを勝ち抜くために僕は最低限3つの約束事を設定しました。

これについては自チームの核にもなるので、あまりお伝えできませんが、1つはカウンターです。

当たり前ですかね。笑

カウンターを設定した理由は、

1、オープンリーグで戦うコートが狭いこと。
2、相手チームの攻撃と守備が成熟されていないこと。
3、自チームのカウンターに対しての共有がスムーズに進みやすいこと。

大きく3つになります。

1つ目のコートが狭いということは、相手のゴールが近いということ。

ボールを奪った瞬間は相手の守備陣形が整っていないことが多いのでカウンターでのチャンスは多くなります。

フットサルの得点の3割以上がカウンターでの得点と言われているので、それよりも多くなります。

2つ目の相手の攻撃が成熟されていないことというのは、オープンリーグから入るチームはフットサル経験者が多くいるチームが少ないです。サッカーエリートがいるチームはありますが、総じてフットサルにおける原則が整理されていないことが多いです。

なので、守備をしやすいですし、攻撃もしやすい。特に数的優位であるカウンターはかなり確率でゴールまで迫れます。

3つ目は、カウンター攻撃はパターン数的優位の攻撃のため、共有がしやすいです。

なぜなら、必ずサポートが1人多いからです。
そして、パターンも限られてくるため、覚えやすい攻撃です。

以上になります。

このように、コートの大きさや相手チームや自チームの状況などを考慮し、自分たちに合った約束事を設定しました。

大事なのは環境に合わせること。

やりたいことという視点も大事ですが、チームが置かれている環境に合わせて約束事を設定することも心がけてはどうでしょうか。

約束事は、迷ったときや、苦しい状況の中でも立ち返るものになり、チームを1つの方向に向ける手助けをしてくれます。

それではまた!