記事が良かったらシェアお願いします!

フットサルとサッカーの基本的戦術の比較

記事が良かったらシェアお願いします!

こんにちは!レジブロ運営スタッフ、戦術記事担当の戦術アナリスト<オジソン>です。

この度、当ブログで運営スタッフでも記事を書いていくこととなり、私が戦術関係の記事を担当することとなりました!宜しくお願い致します!

今後の投稿で伝えていくこと

・フットサルの個人戦術、チーム戦術、練習方法
・サッカーに活かせるフットサル戦術
・サッカーをしている方へ、戦術分析、練習方法
・フットサルに活かせるサッカー戦術

主に上記の内容で記事を書いていきます。

また、当時サッカー全国区の古豪、習志野高校(千葉県)にいたため、その経験からのお話などもお伝えしていこうと思います。

サッカーとフットサルの比較

まず簡単に競技場、人数などを比較して説明していきます!

サッカー

競技人数:11対11
コート:最大で長さ110m×幅75m 最小で長さ100m×幅64mという芝生のピッチでゴールを争う競技
試合時間:45分ハーフ
ボール:5号ボール

フットサル

競技人数:5対5
コート:20m×40mの屋内競技(体育館)
※日本の民間施設では人工芝のピッチで、若干狭いところが多いです。
試合時間:20分ハーフのプレイングタイム
ボール:ローバウンドの4号ボール

特徴としては、フットサルのコートがサッカーのピッチの9分の1、サッカーのペナルティエリアの広さとほぼ同じです!

サッカーについて

サッカーは担当されたポジションの役割をそれぞれ遂行しながら、ゴールを目指していく競技です。

センターバックがいきなりフォワードを任される事はなかなかないですね。それだけカテゴリーが上に行くほど専門性の高いプレーが求められます。

過去プロリーグでもセンターバック出身がフォワードをやるなんて、闘莉王くらいかと思います。。。

高校時代、同じ県内で対戦などもありましたが高校時代も同じ様な役割でした。もはや闘莉王のポジションは闘莉王です(笑)

フットサルについて

サッカーでいうペナルティエリアの中で常にゴールを目指す(守る)競技と考えると、かなりスピード感、プレースペースの狭さがわかる競技かと思います!

狭いためオフサイドはないです。

狭いコートのため、サッカーより個人のドリブルのテクニック、よりドリブルで人を抜くイメージを強く感じるかと思います。

しかし、ピッチが狭いのでドリブルで抜いた後のカバーリングの距離も近いため、サッカーの感覚で抜いてもカバーリングで取られてしまうことが多いです。

フットサルの戦術は、2人~4人のプレーヤーでスペースを作る関係性や動きが生まれています。

サッカーと大きな違いは、もっとも後ろの選手が前のスペースを狙って走っていくことです。サッカーでいうオーバーラップの様な。

パスをした瞬間からシューターになるための動きをとります。これを日本では抜けるとか言ったりします。

youtubeの動画も参考にします。

動画の様に常に流動的で2人~4人の関係でスペースを作りゴールを奪うのがフットサルの特徴です。特に3人目の選手の動きがあれば得点になる確率が高いです!

シュートまではワンタッチでシュートかダイレクトシュートです。

ここでサッカーに戻って比較すると、3人目の動きってサッカーでよく言われますね。

当てて落としてサイドに展開とか、ペナルティエリア内の3人目の動きでシュートとか。

サッカーもシュートまではワンタッチでシュートかダイレクトシュートが多い。

3人目の動きといえばポゼッションサッカーの世界一のパスワークでゴールを奪うバルサが有名ですね。

バルサのジョルディ・アルバとフットサルをした友人から聞きましたが、バルサは週に一度フットサルをしていると話していたそうです。

嘘か本当かわかりませんが、バイタルエリアや局面のボール回しを見れば納得できる部分はあります!!

まとめ

フットサルの細かい動きとサッカーの動きの違いは、細かいところを述べればたくさんありますし、違う競技だという人も多いです。

しかし、フットボールの原理原則からすると、最終、得点をする事に関してはピッチの違いはさほど関係ないかと思います。

それぞれの戦術はそれぞれクロスさせて考えると、より競技の幅が広がってくるのがわかるかと思います。

抜けると言った動きやそのほかのフットサルの動きなど、細かい戦術も今後の投稿でご紹介します!!

フットサルといえば、リカルジーニョを知っている人も多いのではないでしょうか?

ヒールリフトやマルセイユターン、エラシコなど誰もが練習しましたよね。

そのテクニックを実際の試合で体現できるマジシャン的選手です。
誰もがこんなプレーヤーになりたいと一度は思ったのではないでしょうか!?

彼の様な選手が一人いれば戦術も変わりますね、メッシもロナウドもそういう選手ですよね。

僕はそういう圧力のある選手になりたかったですね(笑)

以上 オジソンでした!

この記事を書いたプレーヤー

レジブロ運営スタッフ
レジブロ運営スタッフ
戦術記事担当<オジソン>
スポンサーリンク

記事が良かったらシェアお願いします!

フットサルとサッカーの基本的戦術の比較
LEGIT/レジットの最新ニュース情報をいいねしてチェック!
スポンサーリンク