記事が良かったらシェアお願いします!

【フットサル / 戦術分析・解説】オフェンス編(1)<ジャグナウ>

記事が良かったらシェアお願いします!

みなさんこんにちは!

レジブロ運営スタッフ 戦術記事担当オジソンです。

・フットサルの個人戦術、チーム戦術、練習方法
・サッカーに活かせるフットサル戦術
・サッカーをしている方へ、戦術分析や上達の練習方法
・フットサルに活かせるサッカー戦術

私からは上記のようなことや、サッカー全国区の古豪、習志野高校にいたため、その経験から得られたお話などを紹介しています。

フットサル戦術の基本<ジャゴナウ>

さて、今回はフットサルの戦術の基本ジャゴナウを説明していきます。
※サッカーで似ているシーンがありました。最後に動画載せています。

最初になぜジャゴナウかというと!私が得意としているプレーの一つだからです!

というのは冗談の様なホントの話なのですが。。。

これが出来るとフットサルのスペースのないところでもボールが受けられる。
サッカーにはないフットサルの独特の動きを合わせたものだからです!

また、サッカーのシーンにも使用することができるからです!特にゴール前のDFがタイトに来るときに活躍します!

パラレラというのも聞いたことあるかと思います。

パラレラと比較をよくされるのですが、パラレラは縦の関係、ジャゴナウ(ジアゴナル)は斜めの動きです。サッカーだとダイアゴナルとか言いますかね!

フットサルのジャゴナウの基本的な内容の動画

これは斜めのスルーパスの様な形ですね!
1本目は浮かしているボールを出しています。
サッカーでも使えそうです!

ジャゴナウの戦術整理

・スペースでボールを受ける2人の関係性の動き
・斜めの対角線のパス
・パスを真ん中(フィクソの位置)から出した選手が裏へ抜ける。
・スペースに対してデフェンスから離れる動きをする。跳ねる。折れる等の表現。

基本的な条件といえばこれだけです。

これをすると裏のゴールに近いスペースでボールが受けられるとかイメージしましたよね?

でも、うまく通らない事多くないですか?

そうです。当時も私もこれをポイントに動きをやっていました。

多分これだけで実戦で活用できた方がまず少ないかなと思います。あとは、パスが来ないとか。

フットサル経験でもなかなかパスが通らない方が多く見られます。

「ジャゴナウを使ってシュートまで行こう」って、練習試合にチームで今日はこれをチャレンジしようって決めてやった結果、相手のディフェンスに捕まってしまう事、多くないでしょうか?

簡単に整理をすると受ける側のコツとパスを出す側のコツがあるという事です!

受け手のコツ

1.相方にパスをしてジャグナウをする時の、相方とディフェンスの距離感は?

→これは離れているほどいいかと思います。ジャゴナウが出来なくても他のプレーに変更しやすい。
プレッシャーがある程度あってもドリブルである程度ボール保持できる人であればドンドン狙いに行っても大丈夫かと思います!

2.自分のマークとの距離感は?

→大事なことは、ディフェンスのセオリー「ボールとディフェンスの見える位置にポジショニングする」を破る事です。
オフェンスがぬけていく事で視野からいなくなる事です。
相手のかかとをとるとかも言いますね。ではどうすれば視野からいなくなるか!?

パスをするときに近ければ裏のスペースにスピードで抜ければ相手の視野はマークかボールかどちらかになりますね!
近くない時はゆっくり真ん中をジリジリぬけながら一瞬スピードアップして消える。最後にスペースに折れる。

万が一べたっと来る場合は相手を押しながら跳ねる。これは後ほど動画にあります!
これがプレッシャーのかかった局面だと使えます!(押し倒すほどではなく、相手の動きが止まる程度)

出し手のコツ

1.ボールを受ける前に空いているスペースを認識できているか。

これがボールを受ける前に認識できているとプレーが明確になります。

2.受け手のディフェンスとの距離感は?

→これによって受け手のボールを受けるタイミングが変わってきます。
近くてスピード出していれば裏に浮かして出しても良いかもですね!
ここのタイミングを合わせるのが難しいですがフットサルの楽しいところです!

3.自分とディフェンスの距離感は?

→4、5メートル離れていれば相手に合わせて。
2メートル以内なら開けてくれたスペース(真ん中)にトラップする。
これを中ドリとか言いますね!

以上となりましたが、このコツ実は、フットサルの2人の関係性のプレーにおいて基本的な認知・判断・操作(動作)となります。

つまりジャゴナウはフットサルの基本的な動きで出来ているプレーだったという事です。

これで基本的なフットサルの動きを覚えるのはアリかと思います!

まずは繰り返し繰り返し実践しまくることです。
そうすると受け手と出し手のまとめたポイントのどこかに引っかかるはずです!

練習は必ず2対2のシュート練習やパサー付きの1対1のシュートですかね!
フェイクやブロックなどを使いながらジャゴナウ使える時を追及しまくるのもありかと思います!絶対にディフェンスはつけるべきです!

同じ感じかちょっとわからないですが、私的には同じです!

ここでうまいジャゴナウ動画を二つ

スペインリーグの様々なジャグナウ

次にリカルジーニョのトンと押す感じがうまいジャゴナウ。
相手の力も使って綺麗に跳ねてます。

一気にスピードアップした時に何を見ているかと言うと自分のマークの目線です。

出し手もリカルジーニョがダッシュをしたタイミングでそのスペースにカットインしてます。

そしてサッカーでは、
先日のバルサでのスアレスの動きがまさにそれでした。マークがもうスアレスに置き去りです。

パスを出したメッシのドンピシャパスも凄すぎます。。

以上 オジソンでした

スポンサーリンク

記事が良かったらシェアお願いします!

【フットサル / 戦術分析・解説】オフェンス編(1)<ジャグナウ>
LEGIT/レジットの最新ニュース情報をいいねしてチェック!
スポンサーリンク